ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月29日配信号

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月29日配信号

[つれづれ。。。] ☆――――――――――――――――――――――――――――― はやいもので、今年最後のメールマガジンとなりましたがこの年末 皆様は如何お過ごしでしょうか?SeoulLife Records店長の小杉です。 年末年始、私の予定は気持ち良いくらい全くの白紙でございます。 彼女と過ごすカウントダウンイベント、あるいは初詣等々、やはり 無縁な感じで淡々の過ぎていきそうな気配を今から強く…

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月26日配信号

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月26日配信号

[つれづれ。。。] ☆――――――――――――――――――――――――――――― 例の赤い衣装を着た白いヒゲの初老の男性が煙突から家宅侵入を試みる というイベントを何とかやり過ごしたSeoulLife Records店長の小杉です。 ええ、やり過ごしてしまえばこっちのものです。 30過ぎ独身彼女無しという状況を極端に気に病む季節は終わりました。 そういう訳で来年は気分も新たに、と仕事場の大掃除を決…

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月21日配信号

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月21日配信号

[つれづれ。。。] ☆――――――――――――――――――――――――――――― いよいよ年末も間近、街は例のイベントで盛り上がるとともに、その 勢いに反比例して盛り下がっているSeoulLife Records店長の小杉です。 ク○スマス。 確か去年も伏字にして書いた記憶のあるこのイベント。 去年は来年こそは!と涙ながらに誓ったはずですのに。 心底去年の自分に申し訳ない気持ちでございます。 でも…

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月18日配信号

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月18日配信号

[つれづれ。。。] ☆――――――――――――――――――――――――――――― 「小杉さん、地肌が見えてますよ」というスタッフの言葉ににわかには 立ち直れないダメージを受けているSeoulLife Records店長の小杉です。 正直恐怖でございます。 男性であればいずれはこの恐怖とは直面せねばならぬものですが・・・ ただ、ただ、これが事実だとしたら早すぎます。 八百屋の店先で売れぬまましおれ始…

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月14日配信号

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月14日配信号

[つれづれ。。。] ☆――――――――――――――――――――――――――――― 風呂上りに牛乳、マッサージチェアとすっかり銭湯通いが板につき つつあるSeoulLife Records店長の小杉です。 牛乳を飲もうとして、腰に手を当てそうになっている自分に気づいて 若干引いておりましたが。 このままでは30過ぎ独身彼女無しのまま生活習慣だけがどんどん おっさん臭くなっていってしまうのではないかと…

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月11日配信号

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月11日配信号

[つれづれ。。。] ☆――――――――――――――――――――――――――――― 最近に限ったことではございませんが、韓国の話題の少なさに店長と して如何なものかという意識はだけは「一応」忘れないようにして いるSeoulLife Records店長の小杉です。 そう言いつつも毎度この「つれづれ」では30過ぎ独身彼女無し という視点からのささやかな日常および独り身に起因する愚痴が 垂れ流されている…

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月7日配信号

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月7日配信号

[つれづれ。。。] ☆――――――――――――――――――――――――――――― 今年、24日が祝日だということに今気づいて少なからぬショックを 受けているSeoulLife Records店長の小杉です。 「だってお仕事なんだもの」 という言い訳(自分に対する)が、今年ばかりはきかないのです。 当日一体どうやって過ごせばいいものか、今からドス黒い不安が心の 中に広がっております。 韓国はクリスマ…

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月4日配信号

ソウルライフレコード メールマガジン 2007年12月4日配信号

[つれづれ。。。] ☆――――――――――――――――――――――――――――― まだ12月も始まったばかりではございますが、あまりの寒さに耐え かねて2日連続で銭湯通いのSeoulLife Records店長小杉です。 家のお風呂がユニットバスな関係で、追い炊きができずなおかつ 浴槽が浅いため胸までしかお湯が張れず、なかなかに冬場厳しい 状態なのですね。 そこで何とかならないものかと考えていたと…