ソウルライフレコード メールマガジン 2008年9月9日配信号

[つれづれ。。。]
☆―――――――――――――――――――――――――――――
30半ば独身彼女無し、日々癒しを求めてさすらい続ける
SeoulLife Records店長の小杉です。

先日、知人に癒されるには良い場所があるということで、とある
お店に行きまして・・・お酒が飲めて、お店のスタッフを選べば
その子が色々と癒してくれるとか。

いいじゃないですか。

という訳でございまして、とあるビルの一室?に知人と共に足を
踏み入れたのですね。なんだかドキドキするシチュエーションで
ございます。

入り口で予定の滞在時間を聞かれます。

「えー・・・とりあえず1時間で。」

「では、この消毒液で手を消毒して下さいね」

消毒液?

で、その室内に足を踏み入れるとですね・・・居ました。
この30過ぎ独身彼女無しの寂しい男性を癒してくれるであろう
スタッフ達が1、2、3・・・8・・・

匹。

間違いではございません。人ではなく匹、でございます。

猫でした。

壁に「今日のスタッフ」ということで猫の写真の一覧が。
三毛にトラにペルシャっぽいのに・・・色々います。

知人を見ると、もう猫じゃらしで猫と遊んでいます。

「・・・。」

立ち尽くす店長小杉。
三毛と盛り上がる知人。

ただまあせっかくでございます。これは癒されないとイカン、と
猫じゃらしを手に取ったのですが・・・

気づけば三毛以外の7匹は熟睡しています。
人の都合で起こすのも可哀想な話ではございませんか。

そういう訳で、何だかよくわからない時間を過ごしたのですが、
まあ動物に囲まれるというのも悪くないものです。
できれば、できることならば、女性に囲まれてみたいものなのですが。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

こちらも如何でございましょう?:

コメントを残す