ソウルライフレコード メールマガジン 2008年9月18日配信号

[つれづれ。。。]
☆―――――――――――――――――――――――――――――
バンドをやっている事を除けば比較的無趣味なほうだと思う
SeoulLife Records店長の小杉です。

先日なのですが実家に帰ったときにお漬物を食べまして。

歳を取ったせいか、食事のシメにお茶漬けとお漬物、これが
なかなかに美味しくてですね。その日はキュウリのお漬物でござい
ました。

これが実家で漬けたものでして、タッパーの中にぬか床を入れて
そこで漬けているわけです。

ふと思ったのです。
これなら自分でもできるんじゃないかと。

ちょうど何かいい趣味はないかと考えていたところですし、
「お漬物を漬けるのが趣味です」というのも味があって悪く無い
ような気もします。

そういうわけで、インターネットでもって調べました。

・ぬか床は作っても良いが、結構どこでも売っている
・最初は「漬け捨て」なるものを行わないといけない
・ただ、買ってすぐ漬けられるぬか床もある

あら簡単、これは要するにぬか床さえ買ってしまえば、すぐにでも
できそうなものではないですか。
そういう訳で、近所のスーパーに行きまして。色々な商品を手にとって
みたのですが・・・どの商品にも似たような注意書きがございます。

「1日最低1回、必ず混ぜてください」

・・・気になります。
1日1回、絶対混ぜてあげないといけない。

お仕事柄、家に帰ってくるのは深夜。
そこでぬかに手を突っ込んでかき回す体力、気力が残っているかどうか。

そして、毎晩ぬかに手を突っ込んでいる30半ば独身彼女無し男性を
世間の女性はどう思うのでしょう。

今年のバレンタインデー、この恵まれない店長小杉にチョコを送ってくれた
女子高生の読者(奇跡です)の事がふと頭をよぎったりもします。
女性の読者の方々は幻滅したりはしないだろうか、と。

ここは一旦考え直そう、ということで翌日スタッフに聞いてみました。

「どう思う?イメージこわれないかな?」

「もともと無いですよイメージなんて。自信過剰にも程がありますね。」

そういう訳で買ってしまいました。ぬか床。
冷静に考えればぬかに手を突っ込んでいない現在モテていない訳ですから、
これ以上何かマイナスの影響があるとも思えません。

今キュウリが一本漬かっているのですが、なかなか取り出すタイミングを
逸しておりまして、既に24時間以上経過しております。

どうなるのでしょうか・・・。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

こちらも如何でございましょう?:

コメントを残す