ソウルライフレコード メールマガジン 2009年10月9日配信号

[つれづれ。。。]
☆―――――――――――――――――――――――――――――
台風18号、凄かったですね。みなさん御無事だったでしょうか?
帰宅途中傘を2本へし折られたSeoulLife Records店長の小杉です。

ニュースを見ていて、どこのチャンネルも何故に

「強い台風18号」

という表記なのかがよく分かりました。

で、その買いたての傘2本とともに心までへし折られて帰宅した
深夜0時。最近の心の友、コンソメ綱あられをポリポリ食べて
おりますと、雨、風は強くなるばかり。

風がちょっと尋常ではございません。

安普請の店長小杉宅は木造でございまして、ついには家がユラユラ
とゆれ始めてまいりました。阪神淡路大震災を体験しております
私の心の中に「倒壊」という2文字が浮かび始めまして。

・・・30半ば独身彼女無しのまま死んでしまうのでしょうか。

だとしたら100%地縛霊決定でございます。
この地に住まう者全員、生涯独身になる呪いをかけてやります。

しかしそう思いますと、色々な事が走馬灯のように駆け巡ってまいります。

「死ぬならばせめてその前に、もう一度あの女の子に会いたい」

昔の事ではございますが楽しかった思い出の数々、店長小杉らしからぬ
ちょっとセンチメンタルな気持ちになりまして。

・・・。

「でもそれなら別のあの女の子にも会いたいなあ」

「いやいや、どうせ死んでしまうならこれまた別のあの女の子にだって
会いたいですよ」

と、いうわけで頭の中で「最後に会うなら誰だ?トーナメント戦」が
開催されてしまいまして。

数時間の激闘、死闘の末勝ち抜いたのは何故か小学校の頃の初恋の女の子。
正直なところ会ってもお互い幻滅しかしないハズ・・・なのでございますが。

その頃には風も収まり、死なないこともその女の子に会えない事も
わかりまして、まあいつもどおり就寝したのでございます。

不毛、とはまさにこういう夜の事を言うのでしょうか。
しかしながら台風で結局何事も無かったのは感謝しなければいけませんね。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

こちらも如何でございましょう?:

コメントを残す