ソウルライフレコード メールマガジン 2009年11月10日配信号

【 つれづれ。。。 】

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・と言いたく
なるくらいネタが無いSeoulLife Records店長の小杉です。

韓国音楽専門店、とはいいましても特に芸能人に会えたりするわけ
でもなくまあごくごく平々凡々たる毎日を送っているわけでして、
誰かに伝えて面白いお話なぞ滅多な事では起こりません。

えー・・・。

そういえば11月11日、ペペロデーでございます。

バレンタインデーとはちょっとニュアンスは異なるものの、例えば
友情の証、あるいは告白に、ペペロ(ポッキー的なお菓子)を
プレゼントするというイベントでございます。

「1」が4つ並んでいるのがペペロっぽい、というところから
始まったようなのですが。

2/14、3/14と並んで店長小杉を苦しめるべくお菓子業界が仕組んだ
いわれの無い悪意、とでも申しましょうか。唯一の救いは

「本来これが韓国のイベントである」

というところでございます。

ただ、ただですね。
冒頭で少し書きました通り、私は韓国音楽専門店の店長なのです。

何なら1日で日本人よりも韓国人とお話する時間のほうが長いくらいの
人間でございます。

そして韓国事務所のスタッフは9割が20代女性で構成されております。

にもかかわらず、これまで一度たりともスタッフからペペロを頂いた
事が無い、その事実がございまして。

いや、本命ペペロを頂きたいとか、そういう事ではないのですよ。
義理ペペロ、あるいはもう一歩譲って嘘ペペロ、まあ最悪偽ペペロ、
でも良いのです。

・・・取り乱しました。

そういうワケでございまして、本日特に書くべきネタというものが
ございませんので(思い返せばこれはいつもの事でもあるのですが)、
このあたりでお開き、ということにしようかと思います。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

こちらも如何でございましょう?:

コメントを残す