ソウルライフレコード メールマガジン 2009年11月13日配信号

【 つれづれ。。。 】

唐突ですが、かなり前ですが前職はいわゆる「WEBデザイナー」
だったSeoulLife Records店長の小杉です。

本当にかなり前の事なので、当時さほど難しいわけではなかった
インターネットのサイトを作る事も、技術の進歩と店長小杉の
頭脳の退化に伴って今では不可能となってしまいました。

それでもギリギリできていた「デザインそのもの」も今や感覚の
衰えといいますか古さといいますかで、最近では到底作れる気が
しません。

しかしそれでも、昔はいくつサイトを作っていたわけでございまして、
思い出深いもののひとつに

「精力剤の販売店サイト」

がございました。
ええ、精力剤、でございます。

ここを掘り下げて表現しようとは思いませんが、世界各国の精力剤を
扱われているようで、まあ慣れない種類のテーマでございました。

打ち合わせの時に商品サンプルを預かって、それを元に写真を
撮ったりするのでございますが、何と申しますか

「アンデスの神秘!」

みたいなキャッチコピーがパッケージに書いてあったりするのですね。

アンデスと申しましても、アンデスメロンくらいしか思い浮かばない
店長小杉でしたが、やはり気になるので「アンデスの神秘」が何かを
調べているうちに

「アンデスメロンが実はアンデス産でない」

事を発見して驚愕していたことも思い出します。

で、まあ慣れないなか何とかサイトを仕上げて納品いたしまして。
何でもそうかもしれませんが、何かを作って人に渡す瞬間は、苦労した
ものほど嬉しいものでございます。

預かっていたサンプルをお返ししようとしたところですね。

「小杉さんも苦労されたでしょう、これサンプルですし取っといてください」

「はい?」

「どんどん使ってもらってOKですよ」

「・・・」

当時からグローバルにモテなかった店長小杉、どんどんどころか
全く使いようがございません。

帰り道、「もしここで転んでカバンの中身をぶちまけてしまったら・・・」
という恐怖感で、必死に足元に注意していた記憶がございます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

こちらも如何でございましょう?:

コメントを残す