ソウルライフレコード メールマガジン 2010年11月24日配信号

【 つれづれ。。。 】

なんだか世界は間違った方向に進んでいるのではないか、という
恐怖感が日増しに強くなるSeoulLife Records店長の小杉です。

30半ば独身彼女無し。

30半ばといえば男盛り、男が盛って仕方が無い、というこの年齢の
男性がですよ、見事余ってしまっているこの現状。

ただですね、これにつきましては

「店長小杉なら余っても仕方ない」

という声が身内からも少なからずある事から、これのみをもって
世界が間違っているどうのこうの、と述べるわけではございません。

他にもいくつかあるのでございますよ。

某ラジオ番組で聞きました

「ポテロングのミニサイズ」

まずはこれでございます。

ポテロング、店長小杉もビールのおつまみによく頂いております。

長の年月、「ポテロングはその名の通り”長いポテト”」で
ございました。それが名前の文字の3/5を占めていた最も特徴と
するものを捨てたのでございます。

もはやこれは「大ライス小盛りで」くらいの改革ではないでしょうか。

しかしですね、「大ライス小盛り」が変わらず御飯の味がするのと
同様に、その最も特徴とするものを捨てても、つまり短くなっても
「味はポテロング」、変わらず美味しいそうなのでございます。

ううむ、と考え込みました。
これは実際に買って、自分の舌で確かめるより他にございません。

しかしながら、その疑問を抱えて飛び込んだ近所のお店にはその
「ポテロングミニサイズ」は売っておらず、その代わりに

「乳酸菌飲料(殺菌済み)」

が売っておりました。

これが2つめでございます。

これまたううむ、と考え込むのでございますよ。
もはや看板となる部分をあえて捨てての戦いです。

で、買ってみました。

「・・・美味い」

しかしですね、これまた「牛丼牛抜き」状態であるにもかかわらず
味はまことに美味しい、のでございます。

これが30半ば独身彼女無しの店長小杉が昨今の世界を云々する
理由なのでございますが。

何とかこれを自分に当てはめて、世の女性に売り出せないものか。

「店長小杉(店無し)」

・・・。

イケるかも。

単純に「単なる小杉」に戻って、その味わいは変わっておりません。

「変わってなければ結局ダメじゃないですか」

という意見は聞かない方向で。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

こちらも如何でございましょう?:

コメントを残す