ソウルライフレコード メールマガジン 2011年1月14日配信号

【 つれづれ。。。 】

靴のせいか両足ともどうも霜焼けにやられてしまった感覚のある
SeoulLife Records店長の小杉です。

現在神戸の最低気温が0度前後でしょうか。
圧倒的「夏派」の店長小杉には厳しい気温でございます。

で、それでは韓国の気温はどうなのか、と申しますと
さきほど韓国事務所のスタッフに聞きましたところでは

「零下10-15度くらいですね~」

ということでございまして。

霜焼けどころでは済まなさそうな数字です。
雪もしっかり降っているようで。

昔頻繁に出張で韓国に行っていた時期があるのですが、
やはりお仕事、「この時期寒いから」という理由で拒否もできません。

お仕事中は当然室内なので、そこは寒いわけでもなくどちらかと
いえば暖かいのでございますが、お仕事が終っての自由時間、
ここが毎回問題でございました。

時間があるからといって外をウロウロしていたら、とてもでは
ございませんが身体が持ちません。

そこで最終的に辿り着いた結論がですね

「とりあえず喫茶店で粘り倒す」

これでございます。

しかし、ただ粘り倒すわけではございません。

「女子店員さんのメールアドレスを何とかして聞きだす」

事に重点を置いた粘り、でございます。
出張とはいえ、個人的にも何か得て帰りたい、そんな気持ちが
辿り着かせた結論ですね。

ここで自慢をしたいのですが。
強く自慢をしたいのですが。

「8割がたメールアドレスを教えてもらえている」

のでございますよ。ええ。

これは店長小杉にしては快挙ではないでしょうか。
快挙と思いたいです。

ただですね、問題がひとつございまして。

「お返事をいただける確率が1割以下」

ここでございます。

バットにボールは当たるんだけどヒットにならない、そんな、
そんな野球選手の悩みに相通ずるものがあるような気がして
たまらない、そういう事を思い出す季節でございますね。

いつもにも増して脈絡の無い、かつ締まりというものが
カケラも感じられない今回の「つれづれ」ではございますが、
このあたりで締めくくらせていただこうと思います。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

こちらも如何でございましょう?:

    該当記事が見当たりません

コメントを残す