ソウルライフレコード メールマガジン 2013年9月11日配信号

【 つれづれ。。。 】

本日のお昼は多忙につき抜き、コーヒーの糖分のみで動いております
SeoulLife Records店長の小杉です。

さてさて、この40歳独身彼女無し男性のつまらない生態系を
ただただ垂れ流すこのコーナー。

しかしこんな「文章の下水道」とでも言うべきこのコーナーにも
自ら取り決めたいくつかのルールがございまして。

そのうちのひとつが

「極力前回のお話を引っ張らない」

でございます。
早いお話が「一話完結」でございますね。

そして、このくだらないコーナーにも、何故か毎週のように数少ない
読者の方々から感想を頂けるのでございます。

「くだらないけど面白かったです」

「つまんないけど面白かったです」

「しょうもないけど面白かったです」

関西人としては、もうとりあえず楽しんで頂ければそれでいい、
そういう思想でございますからして、それぞれ最高のお褒めの言葉と
受け取っております。

しかしながらですよ。

先週のこのコーナー、「店長小杉、実はマントヒヒだった」については
感想がゼロなのでございます。

・・・。

あまりにもくだらなさ過ぎたのか。

あるいはあまりにも忠実にスパムメールを真似しすぎて勘違いされたのか。

あるいは「なんだ、あの文章力はやっぱり人間じゃなかったのか」と
受け止められてしまったのか。

あるいはついに店長小杉に「来るべきものが来てしまった」と思われたのか。

一番最後については若干自信の無いまま、今回もダラダラと締めくくりたい、
そう思う次第でございます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

こちらも如何でございましょう?:

コメントを残す