ソウルライフレコード メールマガジン 2014年4月25日配信号

【 つれづれ。。。 】

本日の気分は6点。実は3点+3点で6点、とまあこういう説明を
入れても分かりにくい点数のSeoulLife Records店長の小杉です。

昨日の事ですよ。

「一応会社によって定められた定時」

に珍しく一旦仕事を終わりまして。

と、申しますのもお仕事はまだまだ山積み、当然片付けるまで帰宅は
叶わぬ夢なのでございますが、どうにも缶ビールを飲みたかったのですよ。

そこで「一旦仕事が終わった形」を取りまして缶ビールを購入、
そのまま仕事場に戻ってお仕事の続きをしようという算段を取った
のでございますね。

ただ、念願の缶ビールを購入、一口飲んだところそのまま仕事場に直帰も
ちょっと勿体無い気がいたしまして。

そこで缶ビール片手に10分ばかり近くの公園でも散歩しようか、と
公園の入り口に差し掛かった時です。

何か落ちているのです。

「車のリモコン鍵、それとおそらく家の鍵」

が一緒になったキーホルダー的なものが。
携帯灰皿も一緒に付いておりましたですよ。

この組み合わせと、それぞれのパーツの色から連想いたしましたところ、
おそらくこの方は男性、そして独身の方ではないかと。

このままですとこの方は家に帰れず、帰ったところで家に入る事もできません。

どうせ散歩でもしようかという状況の店長小杉。
缶ビール片手に近くの交番までプラプラと歩いて行きましたですよ。

警察の方「あ、落し物?」

店長小杉「はあ、近くの公園で拾いまして・・・」

警察の方「名前は小杉さんね?」

・・・から始まって、実に色々な事を聞かれるのですね。
ひとつひとつ答えていきまして。

警察の方「ふん、で、小杉くんの住所は?」

店長小杉「会社が近くなんで会社の住所でいいですか?」

警察の方「ちゃうちゃう、ニイちゃんの住所や」

ごくごく短時間に「小杉さん」から「小杉くん」そして「ニイちゃん」へと
格落ちをしていく店長小杉。

そりゃまあ実際、平日まだ浅い時間だというのにTシャツGパンに
ビール片手で交番を訪れた訳ですので致し方無いかも知れませんが。

で、何となく気分が3点くらいになった時です。
交番の電話が鳴りまして。

警察の方「あー、車の鍵?それと家の鍵?届いてますよ」

幸いな事にジャストでこの落とし主の方が電話をしてきたようです。

これで落とし主の方は、無事帰宅し、家に入れる訳です。
店長小杉は何となく善行ひとつ成し遂げた、2名に良い事があった
一日だったのではあるまいか、そういう気分になれまして。

そこで気分に+3点。

そういう訳で冒頭のめんどくさい点数となった次第でございますよ。

ただ勝手に落とし主を「男性の方」と決め付けておりましたが、
これが女性の方だったなら。あるいは劇的な出会いになっていたりは
しますまいか。

それに気付いたのはようやくお仕事が片付いた深夜。
もはやまさに時既に遅し、でございます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

こちらも如何でございましょう?:

コメントを残す