ソウルライフレコード メールマガジン 2014年5月23日配信号

【 つれづれ。。。 】

本日の気分は5点。「人間嫌いの寂しがり屋」という面倒くさい
評価を頂く事の多いSeoulLife Records店長の小杉です。

今回寂しい点があるのでございますよ。

このコーナー、もうこれは奇跡的な事ではございますが、何故か
コンスタントに読者の方々からの感想のメールを頂けるのです。

時にお返事を差し上げるのをすっぽかしたりもいたしますが、
必ず、必ず目は通させて頂いております。

で、ですよ。
先日思ったのです。

「店長の部屋(店長ブログ)のプロフィール写真、あれはさすがに
古すぎるのではあるまいか」

店長小杉がライブでベースを弾いている写真でございます。
そしてそのライブはもうかれこれおそらく10年以上前。

今年をもってバカボンのパパと同じ歳になるというのに、下手をすると
ギリギリ20代の店長小杉がそこに居る、これは宜しくないのではあるまいか、と。

そこで写真を変えたのですよ。数日後その結果。

「売上と感想の激減」

これが店長小杉を直撃いたしまして。

やっぱり、やっぱりですよ、昔のFM局のDJのように、声、言葉から
外見を想像していただく、これが当店にとっては重要だったのではないか。

そんな反省をしてももはや遅いのです。

今更変えなおすのも何だか今の自分を否定するかのようで、例え会社命令が
下ろうとも気が進まないのです。

そんな訳で、たまに読者の方々にお願いをいたしますご無理、すなわち
「ただただ店長小杉の気持ちを癒すための御注文」、これをお待ちしている訳でして。

そしてさっきFM局のくだりがございましたが、実のところ店長小杉はAM派。
そこで、AMラジオにありがちな

「ふつおた(普通のおたより)のコーナー」をこのコーナー内に新設しようかと。

タイトルは「ふつおた」で、order@seoul4life.com まで。

特に内容なんて無くても一向に構いません。ごくごく普通のお便りを頂ければ、
それを店長小杉がご紹介、約2万人程度の読者の方々に配信されるという塩梅で
ございますよ。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

こちらも如何でございましょう?:

    該当記事が見当たりません

コメントを残す