ソウルライフレコード メールマガジン 2017年8月4日配信号

【 つれづれ。。。 】

クルーザーの上、ビキニの美女に囲まれつつ冷たいカクテルを片手に
莫大な原稿料を想像しながら書き始めたSeoulLife Records店長の小杉です。

嘘です。

夏真っ盛り。
暑い日が続いておりますよ。

こう暑いとですね、普段から若干尋常ではない所のある店長小杉の
思考回路がますますその尋常さを失ってくるのでございまして。

気温もさる事ながら女性の衣服の面積の減少に伴って、
さらにその尋常さの失われ加減は増加していくのでございます。

で、尋常さを完全に失った結果ですよ。

書くべき事も特段起こらなかったこの週、あまりの筆の進まなさに
悩みぬいた挙句スタッフに

「昔の”つれづれ”8月のものをコピーしても誰も分からないのではなかろうか」

という非常に職務放棄に近い相談をしてしまった次第で。

十年位前のものなら誰も分からない上にたぶん誰も興味が無いから
大丈夫なんじゃないでしょうか、という残酷ながら的確な回答は頂いたのですが。

しかし実際に過去のものをちょくちょく探ってみましたよ、ええ。
過去十数年分の8月のものを。

で、気づいたのがですね、その大半が

「海に行きたいけど彼女が居なくてああ残念うらめしや」

という一行で大体総括できる内容なのでございます。

そして2017年、今年の夏。

まあ、上の一行で大体は伝わるような状況ですよ。
人間そうそう変わらないもので。

そんなこんなで尋常さを失ったまま書き続けるよりは
次のコーナーに長めのお便りもございます故、
このままサラっと次のコーナーに参りたい所存で。

 

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー

このコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。
======================

さてさて。

読者の方からのごくごく「普通のお便り」をご紹介するコーナー。

常連さん以外のお便りも幅広くお待ちしているのでございます。

毎度お馴染み「ラガーのおばちゃん」さんでございます。

>持病の喘息でお世話になっているクリニックで、脂肪肝を宣告された
>ラガーのおばちゃんです。

>大学病院からクリニックに移って1年、いきなり花粉症の原因を
>確認し直しましょうと言われ、素直に受けた血液検査の結果が脂肪肝でした。
>中性脂肪の値は基準範囲の上限の3倍をゆうに越えて振り切っていました(笑)

>たぶん先生はこの現実を目の当たりに突き付けたかったので検査を
>したんだろうな、すっぽり術中にハマりました。

>だから胃の右側だけふっくらぽっこりしてるんだ、いつもテレビを見るとき
>涅槃像のようにしてるのが原因では無かったんだな、と妙に納得出来ました。

>つい1週間ほど前から喉がイガイガして咳が出始め、ついに発熱したため
>市販の風邪薬を飲んで凌いでいました。

>ところが何日かすると、寝るために横になると呼吸が苦しくてたまらず、
>何とか朝を迎えたけれど、その日に限ってクリニックが休業なので、
>泣く泣くもう一晩我慢して受診しました。

>先生には入院してもおかしくない状況だ、何故こんなに酷くしちゃうんだと
>怒られてしまいました。だって休業日に来られないですやんか、
>と心の中で自分のタイミングの悪さを呪いました。

>点滴して貰ったらとても楽になり、週明けにまた来るようにと何種類か
>薬を渡されて帰ってきました。

>来週末には応援している韓国ミュージカル俳優のチョ・スンチャンさんが
>ソロコンサートで日本に来てくれるので、それまでには絶対治したい
>おばちゃんでした。頑張るぞ~、えいえいおーっ(^o^)/

肝臓のガンマの値が標準の10倍ある店長小杉です。

お医者様に半笑いで「小杉さん、そら身体もしんどくなりますわ」と
言われたのを思い出しますですね。

何故か店長小杉を診断されるお医者様は結果に対して半笑いの方が多く、
そして口を揃えて「もっと早く来てくれていれば」と申されます。

それはもうお医者様の所へは早めに行くべきなのですよ。
遅く行って得をする事は何も無いのですからして。

しかし近々に楽しみの目標がある、これは何より健康維持には良い事でして、
店長小杉も来週末あたりに女性の方とお食事にでも行ければ、
なんて事を考えている次第でございます。

相手の方については特に誰、というアテは一切無いのでございますが、
あるかもしれない、という希望を捨ててはいけないとも思うのです。

「かもしれない運転」

みたいなものでございますよ、ええ。

 

重鎮「クネ蛸囃子」さんからでございます。

>内閣支持率急落の今だからこそ
>「新党小杉」を旗揚げするべきではないでしょうか。

>マニフェストは
>東京オリンピックの中止及び女だらけのオリンピック開催
>店長小杉祭りの毎年開催
>と言った感じで

>店長小杉祭りの一環として開催される店長小杉ロックフェスには
>アデルとビヨンセの間にクネタコバヤシ
>エアロスミスとローリングストーンズの間に店長小杉バンド

>と言う風に毎年クネタコバヤシと店長小杉バンドをブッキングして

>アデルなりエアロスミスの後に会場を出ようとしても
>自衛隊が出入り口を封鎖していて
>いやでもクネタコバヤシと店長小杉バンドを見なければならない

>そう言うフェスが実現出来ればと思います。

>ちなみにつれづれ。。。或いはふつおた読んでます
>と言うと特別に会場から出られる仕組みでよいのではないでしょうか。

>今の首相がやって来たことに比べても
>全然許容範囲内だと思います。

>ミミズ

>ミミズが干からびていた
>地面に出て来た時点でミミズの負けだ

どうも、新党小杉の党首小杉です。

自民党からの出馬も考えてはおりましたが、制約無く私の理想を実現するには
新党を立ち上げるしかないという結論に至りまして、不退転の決意でもって
国政に望む次第でございます。

先ほど幹事長のクネタ氏からもございましたが、一点訂正がございまして
「女だらけのオリンピック」は正確には「女だらけの水着オリンピック」
として構想中のものでございます。

これは全種目が水着で執り行われるものでございまして、概ね競技及び成績には
大きな影響は無いものと考えておりますが、ただ一種目、柔道については
どの部分を襟とみなすか、これを今党内で協議中でございます。

また女性のみでございますから各国とも選手派遣の費用を半額に抑える事ができ、
これまで予算面から参加をためらっていた国々にもオリンピックの門戸が
開かれる事になります。

なおかつ観客動員は過去最高のオリンピックとなるものと思われ、
現在問題になっている開催費も入場料、後々の映像化の際の収益等で
充分に回収、黒字化が見込めるでしょう。

ちなみにワンピースタイプの水着は認めず、ビーチバレーで採用されている
水着の面積制限、これをさらに厳しくしたものを採用する予定でございます。

質問等ございます方は挙手にてお願いをいたします。

 

「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

 

 

こちらも如何でございましょう?:

コメントを残す