ソウルライフレコード メールマガジン 2017年8月18日配信号

【 つれづれ。。。 】

お盆休みは久々のハワイを訪れサーフィンとナンパ三昧、
ビーチライフを満喫してきましたSeoulLife Records店長の小杉です。

嘘です。

さて、前の週末の事ですよ。

もはや毎週ともなりますと「休日出勤」ではなくただの「出勤」という
心持ちではございましたが、その出勤途中。

壁にもたれてしゃがみこんでいる女性の方が居られまして。
どうも普通ではない状態にも見えます。

そして周囲には誰も居ません。

こういう時、お声がけしたものかどうか大変に悩むのでございますよ。

あくまでも個人的な経験上ですが、大抵の女性の方は大抵の状態において
知らない男性の方から声をかけられる事を大変に不快に思われる、
そういう考えがございまして。

似たような状況で気を遣っての事なのに、露骨に嫌な顔をされた事もありますよ。

そこには店長小杉の顔面の造作の問題も多分にあるかも知れません。
この点あまり積極的に認めたくはないのでございますが。

ただしかし、このまま歩き去るには余りにも普通ではない状態に見えるのです。

立ち止まったまま困り果てる店長小杉。
女性の方はしゃがみこんだまま微動だにしません。

そこにおそらく20代前半の綺麗な女性の方が通りかかりまして、
困り果てたままの店長小杉に話しかけてこられたのですよ。

「この人、大丈夫ですかね・・・」

ああ、これで安心です。

やはり他人の目にも明らかに普通ではない状態で、しかしお声がけしても
この若くて美しい女性の方が傍に居ての事ですから、
おそらくは不審、不快はたまたナンパ目的に思われる事もございますまい。

女性に虐げられ続けて生きる人生も店長小杉クラスともなりますと、
ちょっとした善意を出そうとしてすらこれだけの葛藤が生まれるのでございます。

「あのぅ、大丈夫ですか?」

しゃがみこんで女性の肩に手をかけた瞬間。
女性の方はそのまま崩れ落ちて倒れられまして。

いや、大変でございましたよ。
幸い近くに病院がございましたので、そこに駆け込んであれこれと。

中学の陸上部以来30年ぶりの全力疾走でございました。
当時顧問の先生に絶賛されたフォームは健在でしたよ、ええ。

しかしそんな全力疾走の中、倒れられた女性の方には非常に申し訳ないのですが
全力疾走する店長小杉の薄暗い灰色の脳の約1/3から半分にかけては

「さっきの20代前半の美しい女性との出会いにはなりますまいか」

という考えに占拠されておりまして。

この考えに対する結論から端的に申し上げますとまあ、
最前からお伝えしているこの顔面と邪な心では良いお話は
一切生まれなかった、という事で次のコーナーなのでございます。

 

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー

このコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。
======================

さてさて。

読者の方からのごくごく「普通のお便り」をご紹介するコーナー。

常連さん以外のお便りも幅広くお待ちしているのでございます。

毎度お馴染み「ラガーのおばちゃん」さんでございます。

>8月に入ってず~っと雨続きで、農作物の被害が心配なラガーのおばちゃんです。

>ふだんそんなに野菜を食べようと思わないのに、収穫量が減って値上がりすると
>急に食べたくなるヘソ曲がりです。

>2005年頃の有名な韓国ドラマ「ごめん、愛してる」を日本キャストで
>リメイクするのを見る前に、韓国版を見返してみました。

>何度見ても1つも救いが無いまま終わってしまうんだな、これが…(T_T)

>凹んでいた時テレビで、割りと最近のドラマに「ごめん、愛してる」の
>主役の女優さんが出演していてビックリ。

>だけど、最初に認識してしまったキャラクターのイメージは拭いがたい物が有って、
>新しいドラマなのにずっと暗い感じが抜けず困りました。

>日本版はこの先どうなるのかな、ちょっと楽しみです♪

救いの無い人生を歩んでいるうちに救いの無い物語には
一切合財触れたくなくなってしまった店長小杉です。

しかし韓国は救いの無い悲しみ、嘆きの物語が多い気がいたしますね。
文化的なものでございましょうか。

昔々に書いたような記憶がございますが、学生時代に韓国人の留学生と一緒に
留学生寮で韓国のミュージックビデオでも観ようか、という時。

「小杉さん、韓国のミュージックビデオって大抵人が死ぬんですよ」

「へえ、なんで?」

「バラードが多いから、誰か死ぬお話とからめて悲しませようって感じですかね」

で、再生ボタンを押した3秒後に主人公(らしき人)が事故で死にまして。
さすがに二人揃って「早いわ!」と突っ込んでしまった記憶がございます。

ちなみに店長小杉の好きなお野菜はトマトとアスパラガスです。
実にどうでも良い情報でございますが。

 

重鎮「クネ蛸囃子」さんからでございます。

>最近一部で話題の日本の某バンドのMVを2本見たのですが
>両方とも若い女性を前面に出した内容で
>両方とも同じ女性?と思ったら違う人でした。
>しかしそのバンドの女性に対する方向性はよくわかりました。

>ちなみに女性の1人は結婚済みで
>もう1人は某K-POPスターと熱愛中とのことでした。

>2人とも好みだったので非常に悔しい、とは思わずに

>MVに起用したくらいで付き合えると思ったら大間違いだ
>このおたんこなす共め、と

>某バンドの中傷をもってポジティブシンキングとする
>わたしがクネ蛸囃子でした。

>石原軍団の伝説

>太陽にほえろと言われて
>大量にほえろと聞き間違えて
>狂ったように叫んでいたら
>ご苦労さんと
>裕次郎に肩を叩かれた

他バンドへの誹謗中傷は誰も居ない誰も聞かない誰にも迷惑のかからない所で、
しかし盛大に行うという鉄の掟を持つ店長小杉です。

そうでございますね、いつかMV、PV的なものを作れたなら、
そしてそこに出演する女優さんとお付き合いができたなら。

夢を追いかける若きバンドマン達の夢の一環にそれもございましょう。

そして実際にMVが作れるような立場となれば、それはもうその次の夢、
女優さんとのお付き合いを考えて何らおかしくはございませんとも。

ここは大目に見てあげようではありませんか。
何となく爽やかな所もある夢でございますよ。

これが誰とは申しませんが四十もだいぶ過ぎた独身で彼女も居ない
自称売れないバンドマンの夢となるとですよ。

「三股不倫報道で謝罪会見直後に四股目が発覚」

くらいに経年変化で薄汚れた夢となってくるであろう訳でございますからして。

ええ、ここまでできればもう盛大に謝罪するのが夢でございますよ。

 

「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

 

 

こちらも如何でございましょう?:

コメントを残す