ソウルライフレコード メールマガジン 2005年9月7日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
まだ夏は終わっていない、と自らに言い聞かせながら毎日を
送っているSeoulLife Records店長の小杉です。

韓国はもうすっかり秋の雰囲気になっているようで、ソウルは
かなり過ごしやすくなっているようですね。

そろそろ韓国のスタッフの間で話題になりはじめているのが「旧盆」。
年に一度の民族大移動のシーズンです。

帰省は電車か車か飛行機か、予約はかなり前からいっぱいになって
しまうため、このあたりのチョイスも含め事前からかなり気になる
ようですね。

ちなみに代表の文成薫の帰省先は「韓国の名古屋」「リンゴと美人の
産地」(後者は私個人の調査で信憑性が疑われていますが)
大邱(テグ)市なのですが、毎回旧盆の混乱に巻き込まれて
恐ろしいほどの時間をかけて帰省しています。

今年は各スタッフの旧盆はどうなるのやら・・・。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す