ソウルライフレコード メールマガジン 2005年11月2日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
普段は私服で通勤のため、たまにスーツを着ると七五三のように
なってしまうSeoulLife Records店長の小杉です。

先日韓国でとあるレーベルにお邪魔する機会があったのです。

前にも書きましたが、別にレーベルにお邪魔したからといって
そこに芸能人がいるわけではなく、CDやらポスターやらがあるくらいで
だいたいが普通の会社に行くのと同じ感覚なのです。

社員さん達もほとんどといっていいほどごくごく普通の方で、
「芸能界」のイメージはありません。

部長さんに会わせていただけるということで応接室に通されて
待っていますと、入ってこられたのが・・・

□ピッタリした高そうなスーツで

□かなりオシャレで

□顔は俳優なみで

□遊び慣れてそうで

□でも仕事はバリバリこなしそう

・・・な部長さん。

実際お話してみますと(とはいっても私韓国語話せませんので、
話すのは韓国人スタッフとなんですが)かなり「デキる」人。
もうSeoulLife Recordsのスタッフもたじたじです。

で、一通りお話が終わって部長さんは退場。
後で部長さんと一緒に話に入っていたレーベルの人が教えてくれたのですが

「部長、N.EX.Tのメンバーなんですよ」

N.EX.Tといえば90年代中盤で活躍したグループ。去年ベストアルバムも
出しています。

帰ってからの打ち合わせは「やっぱり芸能人は違うなあ」から始まり、
「絶対にアイドルとか知り合いが多いに違いない」に移り、
「いかにして部長主催でコンパを開いてもらうか」で議論が続けられる
のでした・・・。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す