ソウルライフレコード メールマガジン 2005年11月16日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
S S S
i i i

上記の絵文字から1月11日と11月1日も「線香デー」にすることに
決めてしまったSeoulLife Records店長の小杉です。

お菓子業界も侮れませんから、こうして先手を打っておかないと
「ペペロ」では飽き足らず「じゃがりこ」「ポテロング」あたりで
恋人と連動させてくるかも知れません。

このままでは寂しい記念日が増えていく一方です。

先週の「つれづれ」を読んでいない方には訳のわからない出だしで
スミマセン。意外に「線香デー」に賛同いただける方が多かったもので。

で、強引に韓国のお話ですがもうソウルは完全に冬に入ってしまった
ようです。韓国からスタッフが戻ってきたのですが

「ああ、やっぱり日本は暖かいなあ」

と実感していました。

ただ、当然ながら南北に長い韓国では、例えばソウルとプサンでは
かなり違うようです。プサンは比較的SeoulLife Recordsのある
ここ神戸と近いらしく、めったに雪が降ることはないそうです。

・・・という情報を近くのオフィスで働くプサン出身の韓国人の
女の子に聞きました。ついでに電話番号も聞けないものかと
頑張ってみましたが敢え無く断念。

今年も寒い冬になりそうです・・・。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す