ソウルライフレコード メールマガジン 2005年11月22日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
携帯電話を放り投げる相手を求めてさまよい歩く日々が続く
SeoulLife Records店長の小杉です。

また前回の「つれづれ」を読んでいない方にはわからない出だしに
なってしまいましたが・・・。

韓国の高校生の間で流行っている「気に入った女の子に自分の携帯
電話を放り投げて去ってしまう」ナンパ方法ですね。

ちなみにこの方法、SeoulLife Recordsの日本人スタッフの女の子たちに
聞いたところ、放り投げられた携帯電話をどうするかというと

「捨てる」

「放置」

「警察に届ける」

・・・ということで、当然ながら日本では成立しそうにありません。

では何故韓国では成立してしまうのか?といいますとやはりそのあたり
儒教精神が生きているというのもあるようですが、

「韓国の携帯電話は高い!」

のも原因ではないでしょうか。新規で購入すると平気で3~4万円も
してしまうのです。それが自分相手に投げられたとなると、うかつに
捨ててしまうのもなかなか考えさせられる金額です。

これはひとつ清水の舞台から飛び降りるつもりで「放り投げるための」
韓国の携帯電話を買うべきなんでしょうか・・・。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す