ソウルライフレコード メールマガジン 2005年12月13日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
何事も無くライブも終わり、色々な意味で何事もなかったことが果たして
良いのか悪いのか微妙なものだと思うSeoulLife Records店長の小杉です。

ここしばらく韓国ネタに苦しんでいたのですが、幸か不幸か来週に
韓国への出張が決まりまして。ただ・・・この時期の韓国は正直あまり
嬉しいものではありません。

「激寒」

なわけですね。寒すぎるのです。
部屋から一歩外に出れば下手なスキー場より冷えていたりします。

部屋の中はオンドル(床暖房)がきいているので、逆に日本よりも
過ごしやすく、一人身の安普請の私のアパートからすると非常に
暖かくて過ごしやすいのですが。

このオンドル、さすが冬が厳しい国の知恵で、何ならTシャツ1枚で
充分なくらいホカホカになっていることも。しかもストーブみたいに
換気もしなくていいですし、暖かい床をゴロゴロしていると
もう気持ちいいことこの上ありません。

そうは言ってもここに至るまでに体感しなければいけない寒さの
ことを考えると・・・。そして、お仕事ですのでかなりの確率で外を
あちこち回るのは間違いありません。

インドネシアやシンガポール、タイなどできれば暖かい所の音楽も
扱いたいなと真剣に考える今日この頃です。

ハワイもいいなあ・・・。

妄想もほどほどに、それでは今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す