ソウルライフレコード メールマガジン 2018年5月11日配信号

【 つれづれ。。。 】

徒歩でゆく東海道五十三次、今週は歩数計の不調により桑名に
足止めされているSeoulLife Records店長の小杉です。

さて。

本日のお昼休みにですね、今年に入ってから心の片隅に刺さって
抜けない小さな棘のような存在であった「免許証の住所変更」、
これをするためにようやく警察署に行ってまいりまして。

いや何と申しますか特段何の悪事もしていないのですが
とことん気が進まないものですよ、警察署に行くという事は。

「何だか理由は分からないけれどもとにかく怖い所」

そんな、そんな気持ちになるのでございますね。

昼夜を問わず我々の日々の安全を守って下さっている方々が
お勤めの所でございますからして、こういう気持ちになるのは
実に不謹慎な気もするのではございますが。

で、いざ行ってみますとですね、免許証の住所変更は警察署の
中ではなく警察署のお隣にある小さな建物のほうで、となりまして
少し安心したのでございますよ。

その小さな建物には御顔は勿論歳の頃から背格好に至るまで
宮川大助・花子の花子師匠にソックリの女性の方が受付で
いらっしゃっいまして。

ますます安心したのでございます。
安心する理由も今ひとつ分からないのではございますが。

で、その花子師匠ではない花子師匠にこれこれこういう訳で
遅くなりましたが住所変更をお願い致しますとお伝えしたところですよ。

「更新が近いのでもうこのまま住所変更ではなく更新センターで
更新手続きをしてしまって下さい、そのほうが楽ですよ」

・・・と教えて頂きまして。

あの更新通知ハガキは必須のものではないそうなのですね。

住所変更をしてあれを送って頂かなければどうにもならないものだと
思い込んでいたのでございますが。

結果無駄足とはなりましたもののこれで心の片隅に刺さっていた
小さな棘はひとつ抜け、残る心に刺さっている棘はこの週末の
趣味のバンドのライブ、そしてその次の週の持病の定期検査、
この2つとなった次第なのでございます。

最後の棘はもうこれは釘か、あるいはもはや杭、ではなかろうか、
という程に太いのでございますが、これは致し方ございません。

ひとつひとつこれらを心から抜いていく作業、これにこれからの
一週間を使っていきたい、そう思う所存なのでございますよ。

今ひとつ何と申しますかとらえ所の無い文章となってしまいましたが、
そこはもう振り返らず次のコーナーへ参りたい次第で。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー

このコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。
======================

さてさて。

読者の方からのごくごく「普通のお便り」をご紹介するコーナー。

重鎮「クネ蛸囃子」さんからでございます。

>以前、韓国で放送された
>「トロット紅白歌合戦」みたいな番組を
>ダビングしてもらったことがあるのですが
>基本的に何かしらダンサブルな要素があったり
>K-POPアイドル・グループと区別がつかない見た目の
>女性トロット・グループがいたりして
>非常に攻めている印象を受けました。
>アイドル・オタクの高齢化が進む日本において
>美人トロット歌手こそは隠れた金脈であると
>韓国政府も真剣に検討すべきではないかと提案する
>今日この頃のクネ蛸囃子でした。

>初夏

>最近は初夏の段階で暑すぎるんだよ
>もう夏は来なくていいよ

これは先週お休みを頂いた際のお便りでして、今週またお便りを頂くかも
知れませんが、とりあえずはこちらを採用させて頂く店長小杉です。

いや居るのでございますよ、イケメントロット歌手、美人トロット歌手、
アイドルグループ的トロットグループも。

ルックスならアイドル、K-POPでも充分な水準でございますね。

ただこれらが海外で戦えるか・・・となりますと、例えば氷川きよしさんの
欧米ツアーはどうなのか、こういう連想をしてしまうのですよ。

演歌と結び付けられる事も多いポルトガルのファドもそうですが、
民族性とその感情に直結するタイプの音楽の輸出はなかなか難しい所が
あるのでは、とまあそんな想像をするのでございます。

やはりトロットは韓国のタクシーの中、或いはちょっとお洒落ではない飲み屋さん、
そういった場所でとにかくできるだけ音質の悪いスピーカーでもって
できるだけ大音量で味わい深く聴くのが一番ではなかろうか、そう思う次第でして。

いつも通りとりとめの無い駄文とはなりましたが、今回はこの辺りで。

「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

コメントを残す